大学入試情報

東京理科大学の学部・学科再編とキャンパス移転

Pocket

この記事は約 4 分で読めます。

東京理科大学は来年2021年に創立140周年を迎えます。

 

そんな理科大ですが、Society5.0(ソサエティ5.0)の時代に向けて、教育研究を深めることを目的に学部学科の再編を予定しています。

 

Society5.0って何?

仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムによって、経済発展と社会的課題の解決の両立を目標とした新たな社会の在り方を表したものだよ!

難しい…。

 

今の社会はもともとSociety1.0(狩猟社会)から始まり、Society2.0(農耕社会)Society 3.0(工業社会)を経て、現在のSociety 4.0(情報社会)で誰もが様々な情報にアクセス出来るようになりました。

 

そしてこれからは産業におけるデータ等を詳細に分析し、より効率化された社会実現へ向けて政府がSociety5.0を推し進めています。

 

こうした背景もあり、理科大はAIIOT・データサイエンス分野を中心に教育研究を一層強化するために、改めて学部学科の再編に舵を切りました。

 

そこで、今回はキャンパス移転含め理科大の今後の動向について見ていきたいと思います。

 

step
1
2021年度

基礎工学部:学部・学科名称変更、キャンパス移転

基礎工学部先進工学部へ名称変更。

電子応用工学科電子システム工学科に名称変更

材料工学科マテリアル創成工学科に名称変更

生物工学科生命システム工学科に名称変更

3学科とも長万部キャンパスから葛飾キャンパスへ移転。

4年間葛飾キャンパスに変わって、志願者も増えそう…。

 

経営学部:学科新設、定員変更

国際デザイン経営学科(定員120)新設、1年次長万部キャンパス(全寮制)2年次~神楽坂キャンパス

これに伴って、経営学科の定員が320名→180名、ビジネスエコノミクス学科の定員が160名→180名に変更されるよ!
 

 

step
2
2022年度

工学部工業化学科:キャンパス移転

今まで神楽坂キャンパスだった工業化学科が他学科と同じ葛飾キャンパスに移転。

建築学科、電気工学科、情報工学科、機械工学科はもともと葛飾キャンパスだったね!

 

 理工学部:10学科うち4学科で国際コース開設(留学生対象)

情報科学科国際情報科学コース

建築学科国際建築コース

電気電子情報工学科国際電気電子情報コース

機械工学科国際機械コース

※学部合計80名を予定、1年次長万部キャンパス(全寮制)2年次~野田キャンパス

 

step
3
2023年度

 理学部第1部:応用物理学科募集停止(先進工学部物理工学科に改組)

 

理工学部:学部・学科名称変更

理工学部創域理工学部へ名称変更。

数学科数理科学科に名称変更。

物理学科先端物理学科に名称変更。

情報科学科情報計算科学科に名称変更。

応用生物科学科生命生物科学科に名称変更。

経営工学科経営システム工学科に名称変更。

機械工学科機械航空宇宙工学科に名称変更。

土木工学科社会基盤工学科に名称変更。

 

先進工学部:学科新設

物理工学科機能デザイン工学科を新設。

 

step
4
2024年度

2024年度は大きな変更は予定なし。

 

step
5
2025年度

薬学部:キャンパス移転

薬学科、生命創薬科学科ともに野田キャンパスから葛飾キャンパスへ移転。

これもキャンパス移転の影響で志願者も増えて難化しそうだね!

 

以上、この計画は構想中であり内容は変更となる可能性はあるものの、実施されればかなり大掛かりな学部学科再編とキャンパス移転になることは間違いないですね。

参照元:東京理科大学創立140周年特設サイト

Pocket

-大学入試情報

Copyright© かずしろの進路指導室 , 2020 All Rights Reserved.