大学入試情報

独自日程で国公立と併願可能な公立大学(2/2)

Pocket

この記事は約 4 分で読めます。

前回に引き続き、独自の入試日程により他との国公立大と併願が可能な公立大学を見ていきたいと思います。

 

★前回の記事はこちら

独自日程で国公立と併願可能な公立大学(1/2)

 

今回は新潟県立大学についてです。

 

こちらはもともと短大で、2009年に県立新潟女子短期大学から4年制男女共学の新潟県立大学へ移行しました。

 

男女比は圧倒的に女子の方が多く、人間生活学部に至っては男子学生は各学年10人に満たない在籍数となっています。

 

「国際性の涵養」地域性の重視」「人間性の涵養」を基本理念に置いており、設置学部は国際地域学部と国際経済学部、そして人間生活学部の3学部です。

 

国際地域学部では1年次に全学共通基盤科目と学部共通の基礎的科目を学んだ後、2年生から3つのコースに分かれて専門性を深めます。

 

学科は国際地域学科のみで、コースはこれまで「国際社会コース」「比較文化コース」「東アジアコース」「地域環境コース」の4コースでしたが2020年4月より「国際関係コース」「比較文化コース」「露中韓コース」の3コースへ再編成します。

 

余談ですが、地球環境コースは校内ではチカンと呼ばれていました…。

 

ろちゅうかんこーす?

 

ロシア中国韓国の言語と文化を学ぶコースだよ!

 

この露中韓コースでは、3つの言語の中から選択した言語を週6コマの専門的カリキュラムでマスターしていきます。

 

他コースの学生も週2コマからの露中韓の言語を選択し、それぞれの専門分野の学修とリンクさせながら学んでいきます。

 

特に外国語大学のロシア語学科以外で、ロシア語の講義をここまで多く履修出来る大学って全国的に見ても他に無いんじゃないでしょうか。

 

もちろん、ロシア・中国・韓国の各国と協定を結んでいる大学への派遣留学や交換留学の制度も整っています。

 

また、国際地域学部では中学・高校の英語の教員免許を取得することが出来ます。

 

次に国際経済学部について。

 

国際経済学部は今年2020年4月に新たに開設する学部です。

 

学科はこちらも国際経済学科1学科のみですが、2年次から「国際経済コース」「地域経済創生コース」のいずれかに所属して専門科目の履修が始まります。

 

また、国際経済学科でも英語の他にロシア語・中国語・韓国語のうち一つを選択し履修していきます。

 

校内にはSALC(セルフ・アクセス・センター、通称サルク)という語学学習施設があり、メンターと呼ばれる英語の堪能な職員が学生の学びをサポートします。

 

外国語検定の対策を含め、語学を学ぶための教育環境は充実しています。

 

さいごに、人間生活学部では「育」をキーワードとする子ども学科と、「食」をキーワードとする健康栄養学科の2学科から構成されています。

 

食育という言葉があるように、「食」と「育」に関連性を持たせている学部と言えます。

 

子ども学科では幼稚園教諭保育士の資格、社会福祉士の国家試験受験資格が得られます。

 

一方で、健康栄養学科では栄養教諭栄養士の資格、管理栄養士の国家試験受験資格を得ることが出来ます。

 

入試に関しては、国際教養大学同様にA日程・B日程・C日程と3回の受験機会を設けており、どの学部学科もA・C日程であれば私立大の受験科目数で受けることが可能です。

 

3科目だとセンターは75%前後がボーダーとなっています。

 

別日程のため他の国公立大との併願が可能ではありますが、在学生の出身高校を見ると新潟または近隣の県から来ている学生が多いようです。

 

毎年就職率は非常に高く、特に地元就職には強い大学です。

 

小さな大学であるためサークル数こそ少ないですが、アットホームな環境で大学生活を送りたい人にとって併願先として考えるのもありですね。

Pocket

-大学入試情報

Copyright© かずしろの進路指導室 , 2020 All Rights Reserved.