大学入試情報

ちょっと大変だけれど実力のつく群馬の大学

Pocket

この記事は約 6 分で読めます。

ちょっと大変だけれど実力のつく大学です

こんなキャッチフレーズをつけている大学が、群馬にあります。

なんか可愛いですよね、応援したくなります。

それが共愛学園前橋国際大学です。

地方の私立大ということであまり注目はされていませんが、学術的にも高い評価を得ているんです。

学長からの評価ランキング

教育面で注目 5位

総合的に(教育+研究) 13位

注目する学長がいる 3位

これ、昨年2019年の大学ランキング(朝日新聞出版)の結果ですが、早慶上理やGMARCHといった難関大学を抑え上記項目でランクインを果たしています。

地方の私立大でこの順位って、すごいことだよね!

そんな共愛学園前橋国際大学の歴史を今回は見ていきたいと思います。

前身は1988年に開学した共愛学園女子短期大学で、4年制大学に改組するタイミングで男女共学化を図り、1999年に共愛学園前橋国際大学が開学しました。

あまり知られていないけど、大学として日本で初めての国際社会学部だよ!

日本で最初の国際社会学部ということで、大学としては全国から受験生が集まると期待を寄せていたようです。

しかし、全国的な認知どころか開学してすぐに定員割れを起こしてしまうんです。

開学から僅か2年目で定員割れを起こしてしまったんだ!

いきなり苦境に立たされてしまったのね!

進学相談会などで、高校生から「国際社会学部と言われても何を学ぶのかよく分からない」といった声も挙がっていたようです。

ちなみに、開学以来ずっとこの国際社会学部のみの学部設置となっています。

ではそんな状況をどうやって打破したのか、気になりますよね。

まず、少しでも学習内容を分かりやすくするため2002年より学部内にコース制を導入しました。

現在は英語コース国際コース情報・経営コース心理・人間文化コース児童教育コースの5コースを設置しています。

次に、資格による特待生制度を実施しました。

英検2級等の資格取得者に対して授業料を免除するというもので、これにより今まで来なかった受験生の層を取り込むことに成功したと言えます。

今でも共愛学園前橋国際大学では資格特待生/入試特待生/小中高教員志望特待生/GIA(Gunma Innovation Award)特待生/スポーツ特待生といった様々な特待生制度を設けています。

詳細はこちら

また、学生の質の低下をなくすために推薦入試で評定平均を下げることもしませんでした。

当時は高校からの圧力もあったみたいだけど、それに屈しなかったんだよ!

こうした定員割れを起こす大学では、生徒を増やすために推薦・AO入試の評定を下げるという手法を使うところが多いのですが、入試の易化は大学教育の質低下を招くという考えのもと評定を下げませんでした。

そして何より、教職員が一丸となって大学経営に参画したことが大学の活性化に大きく繋がった最大の要因と言えます。

共愛学園前橋国際大学では教職員全員がスタッフ会議に参加して、その一人ひとりが経営に携わりました。

大学をより良くしていきたいって思いが伝わってくるね!

ここまで出来たのには、大森昭生学長の強い思いがあったからだと思います。

学長は48歳という若さで学長に就任しているんだよ!

カリスマ!

学長は、東大や早慶と競うつもりはなく地域の学生を育て地域にお返しするという大きな役割を果たしていきたいといった言葉を口にしています。

教授をはじめとした大学教職員の、学生の成長を全力でサポートする姿勢が垣間見えますね。

決して妥協しない学びへの姿勢が、大学のキャッチフレーズでもあるちょっと大変なところと言えます。

4年間を通じて、少人数制クラスならではの参画型・体験型の授業で実践力やコミュニケーション能力を養成し、大学の掲げる共愛=共生の理念(社会と共に生きるチカラ)を育んでいきます。

そんな学長の思いと大学教職員の努力が実を結び、この数年で偏差値は大きく上昇しました。

河合塾入試難易予想ランキング

2017年度入試 偏差値 37.5

2018年度入試 偏差値 42.5

2019年度入試 偏差値 47.5

2020年度入試 偏差値 52.5

参照元:河合塾栄冠めざして

偏差値15UP!今では群馬の私立大でトップの偏差値だね!

現在は地元群馬の高校教員からも強く支持されており、国公立大の群馬大学群馬県立女子大学高崎経済大学の併願先として考える受験生も多くなりました。

地域に必要とされる大学となった今、更なる変化と成長に期待です。

Pocket

-大学入試情報

Copyright© かずしろの進路指導室 , 2020 All Rights Reserved.