大学入試情報

地方大学の数理・データサイエンス・AI必修化の動き

Pocket

この記事は約 4 分で読めます。

数理・データサイエンス・AI、これらの言葉はここ数年で急速に浸透してきましたよね。

デジタル時代の読み・書き・そろばんなんて言われているね!

ビジネスや医療、教育、行政等の様々な分野において高度なデータ処理能力・分析力は欠かせないものとなっており、データサイエンティストの育成は喫緊の課題と言えます。

ちなみに、AIは人工知能のことでArtificial Intelligenceの略だよ!

IoTに代表される情報通信技術の発展やデータ分析の需要が高まりを見せている近年、情報系の学部は高校生からも人気になっています。

文系受験生でもこうした情報系の学部学科を志望する人は増えてきているよね!

今後は文系でもデータ分析や数学は必須のリテラシーと言っても過言ではないね!

2017年に滋賀大学が日本初のデータサイエンス学部を設置したことを皮切りに、翌年2018年に横浜市立大学、そして2019年に武蔵野大学でデータサイエンス学部が新設されました。

今のところ、学部名としてデータサイエンス学部を持つ大学はこの3大学のみ!

滋賀大データサイエンス学部1期生の卒業が来年2021年かぁ…。みんなどんなところに就職するのか気になる!

また、同じ時期に東洋大学情報連携学部(2017年)や中央大学国際情報学部(2019年)も新設され注目を集めましたね。

※東洋大学情報連携学部は文系の白山キャンパス/理系の川越キャンパスでもなく、赤羽台キャンパスになります。同様に中央大学国際情報学部も文系の多摩キャンパス/理系の後楽園キャンパスでもなく、市ヶ谷田町キャンパスです。

これら学部新設の他にも、最近では大学の全学部学生を対象に数理・データサイエンス・AIに関する教育を必修化する大学も急激に増えてきています。

大学院なんかでも、東京工業大学が2020年から全大学院生にデータサイエンス・AIの教育を開始する動きを見せています。

東工大ではデータサイエンス・AI特別専門学修プログラムという専門コースを開設するよ!

また、Yahoo!JAPANや国内外のグローバル企業と協力し、データサイエンスやAIを使うだけでなく相互に共有することで高度な人材育成を目指すことを目的としており、同じく難関国公立大の一橋大学お茶の水女子大学と連携・協力をする方針のようです。

そこで、今回はこれらの教育に力を入れ始めている地方大学をいくつか簡単に見ていきたいと思います。

 

~国公立大~

山梨大学

2020年度以降に入学する全学部の学生を対象に、数理・データサイエンス・AI教育を必修化します。

政府統計など現実のデータを講義の中で活用する方針で、自宅でのビデオ受講で事前学習を行った上で教室で講義をしない反転授業を取り入れます。

 

富山大

2020年度から数理・データサイエンス教育プログラムを開設し、全学部の学生に対して必修化します。

必修科目となる数理情報の講義でデータサイエンスと情報処理の基礎を学び、これに関連した授業を選択履修して専門教育に繋げていきます。

また、2020年度から2年間金沢大学福井大学と連携し単位互換制度の導入を予定しています。

 

~私立大~

静岡理工科大学

静岡県で唯一の私立理工系総合大学ですが、今年2020年4月から情報学部コンピュータシステム学科にデータサイエンス専攻を開設します。

1年次に数理分野の理解とデータサイエンスを応用するために必要な教養を高め、2年次以降はプログラミングや数学などの専門能力の修得を目指しながら実社会での活用を前提に企業と連携した実践的な演習の場も設けます。

 

金沢工業大学

2019年度の入学生に対してAI基礎の授業を選択科目として開講していましたが、2020年度の入学生からは全学部全学科で1年次の必修科目とします。

学生にAIの基礎的な機能を体験して面白さを感じてもらうことで、今後技術者の育成を目指していきます。

 

来年以降もこうしたデータサイエンスに関する授業やカリキュラムを必修とする大学は増えていくこと間違いないでしょう。

また、実存するデータを分析することが重要という考えから企業や自治体との連携も深まることが予想できます。

各大学の今後の動向について、注目が集まりそうですね。

Pocket

-大学入試情報

Copyright© かずしろの進路指導室 , 2020 All Rights Reserved.